きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない

「僕を子供だと思って説明してくれるかな?」

とある日、かつての上司に言われます。
ぼくは説明を一旦やめ、同じ内容を
簡単な言葉に換えて説明をしようとし
愕然とします。
自分自身、内容を理解していなかったことに。

説明の下手な人の大半は、そもそも
本人自身が説明内容を理解していません。
あれ、それ、これといった代名詞が多いし
定義が曖昧なカタカナ英語を多用します。
早口になったり大声になったりします。
相手に質問をさせては困るからです。
なにかこう、本末転倒ですね。

自分が本当に理解したかどうかを
確認するには、子供でも理解できるよう
言い換えられるか試してみるとわかります。

「相手の言葉で話せ」
ともいいますね。

そんな難しい言葉、よく知ってるね!
などと褒めてくれる人などいません。

だれでも理解できる簡単な言葉で
難解なことを説明できる人のほうが
よっぽどエライと思います。

曖昧なのは自分が理解していないから
理解してもらうためには、まず理解を。

きょうもよい1日を!

——————————
6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。If you can’t explain it to a six year old, you don’t understand it yourself.(アルベルト・アインシュタイン)

関連記事






PAGE TOP