きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

面白くない「現実」があるのではなく、面白くない「視点」があるだけ

せっかく映画館まで足を運んで観た作品なのに
ちっとも面白くなく、がっかりしたとします。

ところが後日、同じくその作品を観た友人は大絶賛。
これまで観た映画の中でも相当良かったとまで言います。
余計なセリフが一切なかった、絶妙な間合いがあった。
挿入曲の入るタイミングを、ひと呼吸遅らせてみせた。
あれ、犯人の心理描写の微妙なズレを表してるんだよ。

なるほどそう言われてみれば、あれはデメリット
なんかじゃなく、メリットだった気もしてきます。

まいにちがつまらない、と嘆く。
今日も面白いことがなかったなあ、と寝床に入る。
ぼくにもそんな日がありますが、なんてもったいない
1日を過ごしてしまったんだろう?と。

面白くないなあ、つまらないなあ、
そう思っていると、脳は次々に面白くないもの
自分をつまらなくしているものをみつけだします。
脳は思うことを、正当化してみせるから。

映画についてもそう。
作品そのものが面白くないんじゃなく、
面白くない「視点」ばかりでそれを捉えているから。
つまり、わざわざ自分で自分を面白くなくしています。

あなたがもし、面白くないこと探し名人でいるとしたら
周囲もあなたのことを「面白くない人」と見るでしょう。

面白くない、つまらない、という口癖を止め、
むしろ「そこがいいんじゃない」と口に出してみる。
視点を変えるだけで、きょうも良い日になります。

 

 

きょうもよい1日を!
台風で飛ばされてきた色づいた葉に
いっそう秋の気配を感じました。


面白くない「現実」があるのではなく、面白くない「視点」があるだけ。(ひすいこたろう)

関連記事






PAGE TOP