きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

何も打つ手がないときひとつだけ打つ手がある。勇気を持つことである。

かつて

無人島にひとつだけ持っていけるとしたら何?

ときかれ、即座に「勇気」とこたえてしまい、
相手を困惑させてしまいました。とはいえ、
たぶん同じことを聞かれてもそう答えると思います。

勇気こそは、もっと意識されていいこと。
例えば、あることをやらない理由として
自信がない、時間がない、お金がない、コネがない
など理由をつけてしまいがち。でもねこれ
ほんとうは、勇気がないことがほとんです。

自信も時間もお金もコネも、あとからつくもの。
結果的に、得られたり得られなかったりします。

勇気こそは何よりも先んじることができます。
勇気がないところに始まりはないし、終わりもない。
愛や善意があっても勇気がなければ始まらない。

まいにち、どれだけ勇気を与え、与えられるか。
そのことが、もっと意識されていいと思います。

ある種の不安から逃れられないのは、
不安を避けたり、逃げようとするから。
不安があるなら、むしろ向かっていくのがいい。
これも勇気がいることです。発揮することです。

あのウォルト・ディズニーは
追い求める勇気があれば、すべての夢は叶う。といい、
バスケットボールのアレン・アイバーソン選手は
才能よりも常に勇気を持っていたい。といいます。

自身はあとからつくもの
勇気は先に発揮するもの、ですね。

 

きょうもよい1日を!
もっと勇気を!とおもったあなた、
当ブログカテゴリーの『勇気がでる』を
クリックし「一気読み」してみてください。
ふつふつと勇気が湧いてくることでしょう。


何も打つ手がないときひとつだけ打つ手がある。勇気を持つことである。(ユダヤ人のことわざ)

 

関連記事






PAGE TOP