きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

自分を不当に扱った全ての人、とりわけ自分自身を許す

新元号が「令和」と知ったとき
その意味や字列よりもまず先に
語感の良さがいいなあと思いました。
日本語って美しいなあ、と。

反対にぼくのキライな
日本語は「むかつく」という言葉。
だれかがそうつぶやくだけで、
胃の中に、ずしっと重いものを
感じてしまいます。なので、
自分が使うことは、まずありません。

腹を立てたとき、
とりわけ他人に対して腹を立てたとき、
同時に自分に対しても腹を立てている
ことを知っておきましょう。

作用・反作用の法則通り、
片方のエネルギーが強ければ強いほど、
もう一方のエネルギーも強くなる。

自分がなぜいま腹を立てたか?
よくよく考えると、理由はたいてい
自分が不当に扱われ、傷ついたから
というあたりにいきあたります。

自分は被害者なんだから怒る権利がある。
相手も同等かそれ以上に傷ついてもらおう。
権利の行使としての報復、反撃、わだかまり。

怒りや恨みは思っている以上に心の中で
くりかえし、くりかえし、再現されます。
同時にくりかえし、くりかえし傷つきます。

そのうち、自分で自分を傷つけ始めます。
くりかえし、くりかえし、傷つけます。
傷つけられた自分を自分が許せない・・・

そのあいだ、幸福感や平安は遠ざかります。
あっても気づかないし、気づけない。
自分を、傷つけるけど気づかない。

むかつく、という言葉を口にするひと
のところには、ふつうひとは近づきません。
寄ってくるのは同じように不機嫌な人たちです。

不幸なのは、他人を許せないことで
自分を許さなくなってること。

相手はとうにその場にいないのに、
いつまでも自分を許さないで、
平安な気持ちで過ごせなくなっている自分。

とても不幸なことだと思います。

一刻も早く相手を許して
自分を解放してあげましょう。
そして意識から怒りや恨みを消去しましょう。

なかには「相手を許すけど、忘れない」
という人がいますが、これはちがいます。
許していいし、忘れていい。

ほんとうに忘れていいのです。
思い出すたび、怒りがまた一つ増えるだけ。
怒りや恨みは 心の中で
正常な 他のものをも腐らせます。
こうなるともう、
限りある記憶容量の、バグでしかないのです。

バグ = 虫 = 無視
ダジャレかよ!と。

 

 

きょうもよい1日を!
いやなことを忘れる自分を許してあげましょう。
ほんとうはちっとも傷ついていなかったと。


自分を不当に扱った全ての人、とりわけ自分自身を許す。(マーク・レクラウ)

 

関連記事

Read in other Language






PAGE TOP