きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

自分にちっともいいことが起こらない、というふうなことをある人に話したとき、そのひとは、ポンとぼくの背中をたたき「だろうね、いまのおまえならきっと、いいことが起こっていても気づかないと思うよ」と笑いながら答えてくれました。

もうずいぶん昔の会話ですが、いまもときどき思い出されます。良いことも悪いことも、自分が勝手にそう決めているだけなんだと気づいた瞬間でした。

自分がいま、どういう状態か?
ふと漏らす自分の言葉でわかります。
明るく前向きなことを語っているのか、
それとも不満を語り他への批判ばかりか?

ひさしぶりの「きょうのひとこと」は
『あすなろ物語』『敦煌』などで知られる
作家、井上靖のことばです。

努力する人は希望を語り、
怠ける人は不満を語る。

ストンと腑に落ちる感じがします。
前向きな言葉を口にしながらものごとに取組めば、それは努力という形になって成し遂げられます。逆もまた然りで、不満は自分がサボるのを正当化するだけのこと。これはちょっと耳が痛いですね。

 

努力をするのはダサい、という風潮がかつてありました。
冗談じゃない!と思います。
努力こそは、その人に目的があり希望がある証拠です。
そんな毎日をおくりたいですね。

 

きょうもよい1日を!
今日もいちにち、いっぱい努力したなあ
と思えるのってすごく幸せだと思いませんか?


努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。(井上靖)

 

関連記事

Read in other Language






PAGE TOP