きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

ですから、その手帳の中に、モノを考える時間、企画する時間などを全部割り振っていくことにしているんです。

駅そばの大型書店にいくと
手帳売り場の前でひとだかり。
新年を機に手帳を買う人が
こんなにもいるなんて・・・

クラウドやスマホが全盛の今でも
紙の手帳を使う人は多いもの。
むしろ増えたんじゃないかと思うほど。

ぼくはといえば、もっぱら手帳。
20年近くIT業界で働いていましたが
手帳は紙と決めています。
それも「ほぼ日手帳」を10年愛用。
まったく使わない年もあるんですが
毎年、新調しています。

ぼくのスケジュールの入れ方は
ちょっと変わっているかもしれません。
会議や訪問アポといった予定に加え
「何を考えるか?」「企画するか?」
という、いわばセルフミーティング
について、予定を入れています。

考える時間をスケジュールする

というのは、実はとても大事です。
考えなくちゃいけないことを忘れたり
タイミングを逃すことがあるから。

とかくスケジュールは他人の都合に
あわせられてしまうものです。それって
どことなく「他人の人生」を生かされてる
感じがしませんか?

自分との対話を、半ば強制的にやる。
自分を支配するのは自分自身ですからね。

自分とのアポをしっかり手帳に書き込む。
「ほぼ日手帳」は1日1ページ
たっぷり書けるからありがたいですね。

やりたいことが、結局出来なかった・・
そんな毎日でなくなります。

同じような考えを、ぼくが敬愛する女性社長、
佐々木かをりさんも、もっていらしたので、きょうのひとことに引用させていただきました。

さあ一年の始まり!
今日から初仕事という人もいるでしょうね。

自分とのアポをしっかり作って
あなたのための1年にしてください。

きょうもよい一日を!

——————————
ですから、その手帳の中に、モノを考える時間、企画する時間などを全部割り振っていくことにしているんです。(佐々木かをり)

関連記事






PAGE TOP