きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

躓く石も縁の端

ぼくが小学生だったある日、
下り坂を走っていて石に躓き
派手に転んだことがあります。

上履きのはいった袋がその勢いで
十字路の車道へ飛んでいき
走ってきたダンプカーの下敷きに
なってしまいました。

転ばなければ、自分が上履き袋
になっていたかもしれません。
ぼくは声を上げて泣きましたが
擦りむいた膝の痛みより何より
ダンプに下敷きになったかもしれない
恐怖におののいていました。

躓いた石は命の恩人でした。

縁こそは世の中につきもの。
あの縁がなければ、
人生が変わっていたかもしれない
そうしたことも多いでしょう。

躓く石にも縁があります。
文字通り、道に転がっている石もあれば
失敗や挫折を意味するメタファーと
置き換えてもいいかもしれません。

失敗も縁なら、挫折も縁。
それがきっかけで、大きな失敗を
避けられたかもしれないし
気づきを得たことで、思わぬ幸運に
巡り合う可能性だってあります。

苦難を前に、これも縁だと
感謝をしながら立ち向かう。
そんな自分でいたいものですね。

少し遅れての更新、ごめんなさい。
きょうもよい一日を!

——————
躓く石も縁の端

関連記事






PAGE TOP