きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

消費者に、何が欲しいかを聞いてそれを与えるだけではいけない。完成するころには、彼らは新しいものを欲しがるだろう

ある会社が新製品を開発するとき
やっているのが市場調査。

・顧客が何を必要として要るのか?
・顧客はどうすればそれを買うのか?
・ならば本人たちに聞いてみればいい

というわけです。
過去の商品別売上が分析され
アンケート調査が施行されます。

自動車会社の創業者
ヘンリー・フォードのエピソード。
顧客に何を望むのかを聞いたなら
「もっと速い馬を」と答えたろう。
当時は馬車の時代、むべなるかな、ですね。
大衆車の先駆、T型フォードが世に出たのは、第一次大戦より前の1906年でした。

現在
なくてはならないスマホですが
その先駆 iPhoneを世に送り出した
スティーブ・ジョブズは

「多くの場合、人は形にして見せて
もらうまでは自分が欲しい物が
何か分からないものだ。」

といっています。
少しさかのぼって1989年、
名機 Macintosh SE/30を送り出した後
インタビューでもジョブズ氏は

「消費者に、何が欲しいかを聞いて
それを与えるだけではいけない。
完成するころには、彼らは
新しいものを欲しがるだろう。」

と答えていました。
世の中を変えてしまうくらいの製品を
産み出す創業者ならではだと思います。
ずっと一貫していたわけですね。

わからなければ顧客に聞けばいい
的なマーケディング手法だけでは、
到底、売れるものは作れない
ということに気づかされます。

これがあれば、
あなたの生活はこんなふうになります
というシンプルなユーザー体験。

これを思い描けるだけの想像や妄想。
ここに力のある人は強いと思います。
今の、スマホのある風景をある程度
ジョブズ氏には見えていたのでしょう。

様々なプロセスがAI(人工知能)に
置き換わろうそする今、人間ならでは
の強みは、思い描ける力にあります。

できるだけ多くのものを見て
できるだけ多くの体験をする。
想像力を逞しくするための要素を
きょうも拾い上げていきましょう。

きょうもよい1日を!

——————————
消費者に、何が欲しいかを聞いてそれを与えるだけではいけない。完成するころには、彼らは新しいものを欲しがるだろう。(スティーブ・ジョブズ)

 

関連記事






PAGE TOP