きょうもよい1日を!

menu

きょうのひとこと

パンツが 売れると 景気が よくなる。

米FRB議長のグリーン・スパン氏は
男性の下着の売上高を、景気の判断
材料として重宝していたと言われます。

なぜでしょうか?

男性向けパンツは生活必需品なので
通常は安定して売れています。
けれども急激に景気が悪くなると
古いパンツをできるだけ長持ち
させようと、努力するからだそうです。

パンツはシャツや靴などと違い
外からは見えない衣料なので節約され
やすい商品なのかもしれません。

景気が回復しだすと、パンツを
買い換える余裕がでてくるため
売上高が伸びるというわけです。

たかがパンツ、されどパンツ
ちなみに女性のパンツの場合
色がモノトーンだと不景気で
明るい、または派手な色だと
景気が良いという指標になる
んだそうです。

本当でしょうか?
事実確認にご協力願います。

きょうもよい1日を!
—————–
パンツが 売れると 景気が よくなる。(アラン・グリーンスパン)

関連記事






PAGE TOP